ホーム > 淫婚村~いけにえ嫁に堕とされて~

淫婚村~いけにえ嫁に堕とされて~

淫婚村~いけにえ嫁に堕とされて~

「私の子を宿すまで、この館にとどまるのだ」若い村長とその従者に、初めての体は甘く痺れさせられて……!?

著者
渋谷百音子
 
ジャンル
コミックス >  蜜恋ティアラシリーズ
 
ISBN
9784821136971
 
判型・ページ数
B6
 
定価
本体648円+税
 
書店発売日
2018/09/15
 

この本に関するお問い合わせはこちら

 

目次

第1夜 山神の花嫁
第2夜 婚礼の捧げ物
第3夜 迷い込んだ子羊
第4夜 領主の子種を仕込まれて
第5夜 「影嫁」の契約
第6夜 愛の楔(くさび)

このページのトップへ

内容説明

「私の子を宿すまで、この館にとどまるのだ」 古い因習の残る閉ざされた村に紛れ込んでしまった千代美は、目が覚めると広い屋敷の中。 歓待を受けて「山神の嫁」になると誓ってしまうが、 そこは若い娘を山の神に嫁として捧げる淫靡な風習があった。 若い村長とその従者に、初めての体は甘く痺れさせられて……!?

このページのトップへ

 
ぶんか社グループ