ホーム > お江戸まかない帖 サンマの塩焼き

お江戸まかない帖 サンマの塩焼き

江戸の食事情を通して人間模様を描く、お江戸の愛情&人情ほっこりグルメ漫画!

著者
酒川郁子
 
ジャンル
コミックス >  ぶんか社コミックス
 
ISBN
9784821136803
 
判型・ページ数
B6
 
定価
本体602円+税
 
書店発売日
2018/08/17
 

この本に関するお問い合わせはこちら

 

目次

第1話 サンマの塩焼き
第2話 年越しそば
第3話 しじみ売り
第4話 ところてん
第5話 豆腐
第6話 岩国寿司
食べたくなる! 「お奈津のまかないレシピ」つき!

このページのトップへ

内容説明

日本橋の魚河岸近くにある一膳飯屋の女将だった奈津。上方に修業中の夫が、修業店のお嬢を身ごもらせ、料理対決の末、奈津は離縁され独身時代の奉公先・大店の大野屋のまかない係に。 同じく店を飛び出した板前の惣介と同じ長屋の隣に住まいを決めて働きだす。 惣介は次の勤め先でもケンカして「棒手振り(ぼてふり)」という担ぎ売りから再スタート。奈津はまかない先で長屋で人情料理を振る舞う!

このページのトップへ

 
ぶんか社グループ