ホーム > 声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~ 1

声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~ 1

声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~ 1

「いつか姉やんとふるさとへ帰るんや」下層遊郭に買われた少女の覚悟!

著者
安武わたる
 
ジャンル
コミックス >  ぶんか社コミックス
 
ISBN
9784821134960
 
判型・ページ数
B6
 
定価
本体620円+税
 
書店発売日
2017/08/17
 

この本に関するお問い合わせはこちら

 

目次

第1話「女の競り市」
第2話「女郎の母性」
第3話「東陽楼の姐さん」
第4話「弱き者たち」

このページのトップへ

内容説明

明治後期、瀬戸内海に浮かぶ島で穏やかに暮らしていたチヌ。
だがある日、漁師の父が還らぬ人になり、多額の借金を背負ってしまう。
姉のサヨリと女中として奉公するため泣く泣くふるさとの島を出るチヌは
かすかな希望を抱いていたが、奉公先で待ち受けるのは残酷な運命だったーー。

このページのトップへ

 
ぶんか社グループ