ホーム > 黒き海 月の裏 3

黒き海 月の裏 3

ホラーミステリーの名手・渡千枝の新境地! 大正の日本を騒がせた「千里眼事件」をテーマに描くミステリーロマンス!

著者
渡 千枝
 
ジャンル
コミックス >  ぶんか社コミックス
 
ISBN
9784821179411
 
判型・ページ数
B6
 
定価
本体639円+税
 
書店発売日
2017/02/17
 

この本に関するお問い合わせはこちら

 

目次

第7話
第8話
第9話

このページのトップへ

内容説明

時は大正。生まれつき盲目の少女・夕里には、ものを透視したり未来を予知できる”千里眼”という特殊能力があった。夕里は大病院の息子・隆太郎と、貿易商の息子・寿樹に出会い、友情が芽生えるが、身分の差が彼女を悩ませる。
寿樹が夕里に想いを寄せていることに気づいた環は嫉妬に狂い……。

このページのトップへ

 
ぶんか社グループ