ホーム > 罰かぶり~丸山遊郭哀史~

罰かぶり~丸山遊郭哀史~

ホラー漫画家・犬木加奈子の新境地! 長崎丸山遊郭を舞台に描く色街ミステリー!

著者
犬木加奈子
 
ジャンル
コミックス >  ぶんか社コミックス
 
ISBN
9784821179572
 
判型・ページ数
B6
 
定価
本体620円+税
 
書店発売日
2016/12/17
 

この本に関するお問い合わせはこちら

 

目次

第1話
罰かぶり阿蘭と、盲目の遊女。孤独な魂が共鳴し合い……。
第2話
阿蘭を気に入った名家の若様には、ある秘密が?
第3話
お春という名の遊女を捜す絵師が銀波楼を訪れる。

このページのトップへ

内容説明

長崎、丸山遊郭。そこは日本で唯一、異国の客を相手にする女郎屋が軒を連ねていた。
丸山遊郭の名店<銀波楼(ぎんぱろう)>で生まれ育ち、下働きをする阿蘭(おらん)は
幼いころから頭に鉢をかぶせられ、顔を隠すことを強いられていた。
それは、阿蘭の顔を見た者に災厄が訪れるためだというが……。

このページのトップへ

 
ぶんか社グループ