ホーム > 娘が不登校になりました。 「うちの子は関係ない」と思ってた

娘が不登校になりました。 「うちの子は関係ない」と思ってた

朝になると、おなかが痛くなる娘。漫画家の母が、娘の「通える場所」を模索し、奔走した日々を描くコミックエッセイ。

著者
小林薫
 
ジャンル
書籍 >  一般書
 
ISBN
9784821144471
 
判型・ページ数
A5
 
定価
本体1,000円+税
 
書店発売日
2016/10/17
 

この本に関するお問い合わせはこちら

 

内容説明

中学2年生になる娘が、ある日突然朝になると
「おなかが痛い」と布団の中から出てこず、学校にいかなくなってしまった。
原因は学校なのか、家庭環境なのか、友達によるいじめなのか、それとも娘自身なのか……?、
学校への相談、フリースクール通い、私立中学への転入など
漫画家の母が、娘のために奔走した日々を描くコミックエッセイ。

このページのトップへ

 
ぶんか社グループ