ホーム > お江戸まかない帖 深川めし

お江戸まかない帖 深川めし

お江戸まかない帖 深川めし

「天ぷらのために生まれた魚、ギンポの味が忘れられぬ…」奉行が探し求めた味は。江戸人情&愛嬌たっぷり料理でおもてなし!

著者
酒川郁子
 
ジャンル
コミックス >  ぶんか社コミックス
 
ISBN
9784821179374
 
判型・ページ数
B6
 
定価
本体602円+税
 
書店発売日
2016/10/17
 

この本に関するお問い合わせはこちら

 

目次

深川めし ふかがわめし
助六 すけろく
田楽 でんがく
軍鶏鍋 しゃもなべ
白魚 しらうお
銀宝の天ぷら ギンポのてんぷら

このページのトップへ

内容説明

夫が修業中の上方(かみがた)から妊娠させた娘を連れ帰り、離縁されて、一膳飯屋を出ることになったお奈津。
裸一貫、海鮮問屋のまかない仕事に精を出す!
板前の惣介も共に店を飛び出し、天秤棒を担ぐ棒手振り(ぼてふり)商売に。
仕事先の職人に、長屋の仲間に、さらに恋仲となった惣介に、お奈津が喝を入れる!
お江戸の愛情&人情ほっこりめし。作ってうれしいお奈津のレシピ付き!

このページのトップへ

 
ぶんか社グループ